■ SONY/au Xperia Z4 SOV31 バックパネルひび割れ [URL]

名前 au/SONY XperiaZ4(SOV31)
発売時期 2015年6月11日発売
CPU Snapdragon 810( 2.0GHz x 4core / 1.5GHz x4core )
GPU Adreno 430
Memory 3.0GB
Storage 32GB + microSD(max128GB)
液晶 5.2inch / 1080x1920px
Camera in: 5.1Mega +out:20Mega
WiFi WiFi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth v4.1, A2DP
GPS A-GPS, GLONASS
SIM nanoSIM
寸法 約146㎜×約72㎜×約6.9㎜
重量 144g
電池 Li-Po 2930mAh, 取り外し不可能
半年ほどUMiDIGI A3 ProでDSDV使ってて痛感しました。
モナWiFi 100GBプランは普段使いなら超えないなら
IP電話と組み合わせるなら音声SIMなくても良いよね
・・と思ったのだが、あれ?電話の設定欄周りにSIP設定がない。
(げ... 端末メーカーによってSIP絡みの設定をまるっと削除か..)

というわけで、SIMフリー,SIP機能有,薄型軽量の端末を探す。
中華系端末はSIP機能は削り倒されているケースが多いですね・・

なお通話はSIP側でしか行わない前提ですのでau端末でも全然OK。
というわけで、用意したのが SONYのau向け端末、SOV31難あり。
SIMロック解除再義務化前に捕獲し、9/1にauカウンターで解除。
手続き費用が3000円くらい、合計でも8000円くらいでした

続いてIP電話を電話アプリでつかえるように設定を入れます。

■SIP導入,バックパネルとケースを注文

vvvvv
・電話アプリ>設定>通話>通話アカウント内にある
 SIPアカウントに入って右上の[+]をタップ
 ⇒ SMARTalkのユーザー名/パスワード/サーバを入力して保存。
・インターネット通話を使用
 ⇒「すべての通話」に変更
・いンターネット通話の着信を受ける
 ⇒ チェックを入れる
・発信
 ⇒ SMARTalkのアカウント名を選択

これで発着信すべてIP電話として行われるように。
  なぜ "あえてOS標準機能を使ってIP電話アカウントを使うか"?
それは勝手に落ちたり切断したりでOSとの統合感が足りないから。
バックパネルを発注して入れ替え
砕けたまま使ってるのも悲しいのでバックパネルを発注。
キャリア印のついていないヤツ。Amazonで1500円くらいです。
作業工程に関してはGeeklesさんの記事が一番わかりやすい。

手頃なケースが無いので、Amazonでポチりましたが・・・
400円の無地でXPERIA用としては比較的安いヤツになるんだけどさ
国内系Android端末は小物がどれも高い!
ホント国内ベンダーはサイズくるくる買えるのやめたほうが良い。
Appleを使ってて良かったなと思うのが汎用品の圧倒的な豊富さ。
ダイソーとかセリアとかで¥100~\500で選びたい放題だもんなぁ


lastupdate Fri Nov 29 21:42:26 2019



アクセサリや同人誌,車関係は別の方です。このドメインは2005-08-11に取得し、そのままずーーーーっと使っております。

PAGE TOP