■Camangi Mangrove7 を格安入手。速攻でファーム書き換え。

280x210280x210280x210
標準仕様
OSAndroid 3.2(updateでAndroid 4.0.3へ)
CPUNVIDIA Tegra T20 Dual-core/1.00GHz
Memory1GB
内蔵容量8GB+SDHC(32GBまでの対応)
液晶サイズ7インチ(WSVGA 1024×600)
カメラ500万画素(背面)、200万画素(正面)
搭載IFUSB 2.0、マイクロHDMI、ヘッドホン
音声ステレオスピーカー、マイク
無線GPS/AGPS、IEEE802.11b/g/n、Bluetooth 2.1+EDR
(GPS/AGPSはupdateで使用不可になります。)
センサー加速度、ジャイロ、E-コンパス、照度 センサー
バッテリー3200mAh
本体サイズ幅122×高さ195×奥行き11.92mm
ラジオFMラジオ(updateで使用不可になります。)
重量380g
標準価格4万4800円

同僚から格安で譲っていただいたタブレット端末。
初期のAndroid 3.2状態では異様に使いづらくどうにもならない為、
2ちゃんねるみながら速攻手を加えることといたしました。

メーカーサイトや本体からのアップデートでは更新できないが、
非公式ながら、mangrove7@WiKiなどで情報が上がっている通り
異母兄弟機である SHARP EB-A71GJ用のファームウェアを
無理矢理適用させると ICS(Android 4.0.3) へ更新させられます。
手法は2chの書き込みをそのままやれば大丈夫。
GD7-ICS-5056_2_069-user.nb0.binを firmware.nb0へ名前変更

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/dgoods/1316834013/283
|通りすがりだが、wikiを見てICS化に成功したので報告を…

|1. 外部SDカード直下にnb0ファイルを「firmware.nb0」という
|  ファイル名で配置
|2. 電源OFF
|3. Vol - 押しながら電源ボタンで起動
|4. 「!」マークとドロイド君が表示されたらVol + 押す
|5. リカバリーメニューが出るので、Download nb0 from SD card を 選択
|6. リカバリー終了まで待つと自動で再起動
|7. Galapagosロゴで起動ループ状態となる
|8. 電源長押しで落とし、再度Vol- 押しながら電源ボタンで起動
|9. Factory reset 実施
|10.再起動でICS化
|特別なことは何もやってないんだが…すんなり行けてしまった…

|getroot1.2 でroot化可能だが、何かのきっかけでrootが取れなくなる現象は
|継続して発生する模様。 その他は今のところ順調に動作している。

 7~10でドキドキするくらい。
 実は他機種でも「メジャーアップデートでロゴでぐるぐる」は
 結構出くわす問題なので、AndoroidでFactoryResetは重要です。

■その後の結末。
 しばらく会社の通知作業用においておいたのですが、
 気がついたら机の中でバッテリが膨らんで死んでいた.. orz


lastupdate Fri Nov 2 10:07:00 2018
アクセサリや同人誌は別の方です。