■ SONY デジタル一眼レフ SLT-A55V[URL]

280x210280x210280x210
Kenko 500mmミラーレンズとx2エクステンダーの組み合わせでは
DSLR-A700の光学式ファインダでのMFピント合わせに限界を感じ、
ピントをずらしながら10枚位撮ってアタリを探す始末なわけで..

適価にてアップグレード機がほしいなぁと思っておりました。
「電子ビューファインダ・動画対応・SDXC対応・αマウント」
代替機を探していた所, 職場に条件にちょうどいいのが入ってきた。

SLT-A55V 18-55mmレンズキット。箱なし必要最低限セット。
旧機種 DSLR-A700&18-55mmレンズキットにして売却。
差額アップグレードで大体5000円位の出費です。
【メイン使用】
MINOLTAAFZOOM 35-70mm F4
 ⇒ 改造:Macro 域でのAF稼働改造済み
 ⇒ 改造:標準~Macro域部のストッパ外し済み

【予備使用】
SIGMA28-80mm F3.5-5.6 II Macro forMINOLTA
 ⇒ 改造:全域Macro化の改造済み

SIGMA100-300mm F4.5-6.7 DL forMINOLTA

■ 普段使い「MINOLTA 35-70mm F4」での背景ボケぐあい。

このレンズは元々フルサイズ(35mm)用レンズの35-70mmですが、
APS-CセンサーのSLT-A55Vに装着すると 約100mm MACRO相当。
前機種 DSLR-A700+MINOLTA 35-70mm F4 で使い始めた時に、
MACRO域の強制MF仕様/MACRO域ストッパを無効化してある奴。
(MACRO時にもAF効くようにグリップゴム裏の端子剥がしてあります)

安く入手できた割にとても写りがイイので気に入っています。
背景ボケ/手前ボケな写真。大好きですw
縦構図でも横構図でもボケ具合大好きw

■マクロのために接写リングを見つけたので捕獲。

 接写リングという商品は元々用意されている焦点距離を変更し、
 「短い距離でピントを合わせることを可能にするアダプタ」です。

 Amazonとかで売ってる電子接点なしだと完全MFだけど、
 純正ならキチンとAFが聞いてくれるので言うことなしなのです。

  コンパクトカメラやスマートフォンと違い、
 デジタル一眼レフ系はピントが合う範囲が基本的に遠い。
 ・・・・オールドレンズになるとなおさらである。
 
 そこでピント有効範囲を変更するアダプタを使うわけです。


lastupdate Fri Jun 26 10:52:00 2020



アクセサリや同人誌,車関係は別の方です。このドメインは2005-08-11に取得し、そのままずーーーーっと使っております。

CCBot/2.0 (https://commoncrawl.org/faq/)

PAGE TOP