** Caution!! For non-Japanese speaking people **
 original page is written in Japanese only.
 If you view this page via a translation site, you may not be able to accurately convey the nuances we intend.

■航続距離をなんとか伸ばしたいのだが・・・

そもそもの改造したいというキッカケは先人YouTuber達が原付電動バイクをバッテリ増設して
航続距離を大幅に伸ばす動画をあげてらっしゃるため、触発されたというのが起因ですが・・。
シンプルファイターさんRICHBIT TOP016 バッテリーを増設したら100km走るようになったや、
器用貧乏社長の DIY 奮戦記 さん【自作電動バイク】バッテリー増設 航続距離が2倍になりました。
ら んたいむ さん【超簡 単】電動バイクのバッテリーを交換して航続距離を3倍にしてみた【Aioon】


オフィシャルの航続距離 45Km というのは流石に短いのですよね・・・
大容量バッテリで航続距離を伸ばすというのが王道対応ではあるのですが、日常では標準で十分。
ただ休日のちょっと遠出時に”のみ” 距離のばしをしたいのです。

■まずは25.2V ⇒ 昇圧54V 単独で駆動させてみる。

横横横横
正直な話、48Vの大容量バッテリはAmazon 等でも割高&品薄でなかなか手が出しにくい状況です。
そこでまずはDC/DCコンバーター経由、48V昇圧して繋いでみました。
25.2V/7.6Ahを54Vに変換した場合はモーター に力がさっぱりないのでモーター駆動に使うのはNGですね。
モーターやコントローラー回路類の動作確認だけなら【DC/DCコンバータ】でもできるので用途次第なのかな??

DC/DCコンバータ経由での接続ではお話にならんかったので、直列2個つなぎして使います。
電動アシスト自転車の予備電池は持っているので、 50.4V/7.6Ah(直列 25.2V x2個)で駆動するようにする。
53.5v~50.0v
(満充電直後~)
スロット開くとグイグイ加速してとても気持ちいい。
願わくはもうちょっと最高速が上がってほしい・・・

50.0V~46.0V
(中間レベル)
走り自体には可もなく不可もなく。
・・・だが満充電直後の加速感はない。物足りなさは正直感じる。

46.0v~39.0V
(~エコモード)
「馬力の足りない軽自動車なフィーリング」が一番伝わりやすい。
スロットルを全開にしててもゆ~~っくり最高速に到達する感じ。
39Vを下回ると、コントローラーが電源シャットダウンさせてしまうので実質使えるのは 14V位分しかないんです。
・・電圧が異なることもあり並列つなぎできないので、電源コネクタ差し替えながら使う必要があるのが面倒ですね・・

■DC/DCコンバータはメインバッテリの「継ぎ足し充電」用に転用する。

横横横横
バッテリ能力の都合上でDC/DCコンバータを直接動力駆 動用には使えないとしても、まだまだ使用用途はある。
ソーラーパネルと組みあわせて使う充電制御用の回路が¥1000程度で売っているので。ポチる。
これは電圧が指定値まで下がったら充電開始、指定値まで溜まったら給電OFFに出来る優れもの。
「40Vスタート⇔53Vストップ」でカラっぽ寸前 から満充電までできるし、
「48Vスタート⇔53Vストップ」で余力をもった継ぎ足しが出来るわけだ。


だけどCOSWHEEL SMARTEVシリーズのACアダプタの充電コネクタはDCコネクタではなく、
マイクで使われている「XLR端子(キャノンコネクター)」と呼ばれるタイプが採用されてます。
中華バイクでは比較的一般的っぽいのですが、ホームセンターなどでは一切売ってないので、
近所の電子工作系の専門店【秋月電子通商 八潮店】に出向いて購入しました。1コ¥260。
元々のACアダプタがネジ止め式で実配線が直接見れたので、その通りにはんだ付け結線する。
*待機消費電流が大きめとレビューされていたため、繋ぎっぱなしをするのには向いてない?
 増槽バッテリが空っぽになったらコネクタ外して無駄を省くことは必要なのかと思われます。

この2つの基盤をのペアで使うと、今回のように電動アシスト自転車からの補助給電だけじゃなくて、
Amazon市場に出回っている、電動工具用バッテリでも継ぎ足し充電が可能になります。
連続航続距離延長を目指しているのではないのでこれで十分♪
どうせ小一時間も運転してたら休憩とるので、そのときに充電できれば。

充電コントローラーが電流を少しずつ喰うっぽいので、はじめのフル充電⇒48V消費までは手動OFF。
今のところ、48V START⇒53V STOP設定にてテストしてますが、ストレス感じないレベルです。
小一時間以上ブイブイ言わせられるようになったので、コントローラーの発熱を配慮して
プラボックスの上に出すようにプラボックスを加工して外気温冷却できるようにしました。
(マジで発熱体とケーブルを纒めて狭いプラボックスにしまい込むのは設計ミスだとおもう)


■「52v battery on 48vcontroller」を見つけてしまった。

バッテリ周りで色々見ていたら気になるのを見つけた。【YouTube
日本でやってる人はほぼいないけど 10%ほど超過電力ぶち込んで最高速が1割伸ばす系統。
個人的には「キビキビ加速する範囲が広がるんか?」という興味があるね..
52Vバッテリは最大58.5V ~ 39V ぐらいで動くのでだいぶキビキビになるはずだけど・・
増設バッテリは出力ボルテージを 55Vから59Vにひねれば継続して使用可能なんだよな・・

航続距離延長 vs 最高速度UP ・・どちらを取るべきかww
(48V/15Aバッテリ⇒DC/DCコンバータ59V設定⇒コントローラー接続でテストしてみましたが、
 スロット開いた瞬間にガクンと電圧降下が発生するので、まったくハイレスポンスになることはありません.)


BACK:チェーン&ペダル撤去でバイク化。設定修正とパンク&ブレーキ修理。
アスファルト舗装道路をメインに走るときに適切なタイヤは・・:NEXT



この記事にはなんのコメントも付いておりません。