■UMiDIGI A3 Proゴールド を購入しました。[URL]

名前 UMiDIGI A3 Pro
型式 発売開始 日本では 2018/12 より。
CPU Mediatek MT6739(1.50GHz x4core Cortex-A53)
GPU PowerVR GE8100
Memory 3.0GB
Storage 32GB + microSD(max256GB)
液晶 5.7inch / 720x1512px
Camera in: 8Mega out:12+5Mega
WiFi WiFi 802.11 a/b/g/n
Bluetooth v4.0, A2DP
GPS A-GPS, GLONASS
SIM nanoSIM x2
寸法 147.2 x 70.2 x 8.5 mm
重量 187g
電池 Li-Po 3300 mAh,取り外し不可能
民泊系大容量SIMと、格安MVNOを一端末で使うという目的の為、
アマゾンでsim2枚刺さる中華Android端末をポチりました。
(キャリア系のAndroid端末は糞カスタムで嫌なので意地でも買わんっす。)

中華系格安Android端末を買う/使う場合、以下のお約束を忘れずに
・技適表示のことは気にしない。全力スルーする。
・端末が安いが安いなりであることをはじめから認識すること。
・安い機種の場合はGPUがヘボいのは当然と思うこと。

初期設定がきちんと終わり電話発着信が安心してできるまでは
イライラしましたが、踏まえること踏まえれば安くていい端末。
・5.0GHz周波数帯での常時テザリングON設定できる
・microSDも内蔵ストレイジとしてのマウント(要暗号化)も可能。

普段からYouTube/ネットぐらいでゲームは一切しない。
正直高度なグラッフィック性能は要求していないので、これで十分。
(もうちょっと裏面ガラス薄くして軽くしてくれてもいいんだが・・)
★ノッチで隠れる部分がでかいなぁとは思う。
 上左右のアールとノッチでアイコンが半隠れする。
 完全にその部分を避けてくれればそこまで違和感はないんだけどな
 チラ見えしてイライラする部分はカスタマイズで対処。
 自分は「バッテリ」アイコンあれば充分。ほかはまとめてOFFに。

★バッテリはカタログスペックの割に持たないカンジ。
 常時テザリングONにしているせいなのでこれはどう仕様もない。
 家のデバイス達の通信母艦も兼ねてるから使用頻度高いっす。
 (当たり前のように月100GB使い切れますからなぁ)

★Qi充電には未対応。
 200円位で売ってるmicroUSB向けQi専用アタッチメントで対応。
 元々肌触りのいいジャケット付いているんでそれに挟み込む。
 (Amazon/楽天でふつーに売ってるヤツで十分対応できる。)

■民泊WiFi「モナWiFi-SIMプラン 3500円」の破壊力。

導入当初は「どうせピークタイムは遅いんだろ?」と思ってました
実際はよほど過負荷をかけない限りふつーに高速インターネットw
むしろ遅いなぁと感じるときは周りにWiFi親機が山のように・・・
(デザリング設定で5.0GHz専用にセットしておけば万事解決する。)

月額3500円で100GBを使えて超~快適♪
しかもモバイルルータと違い、自分の端末にSIMを入れている。
音声通話SIM+民泊WiFiの大容量プランでの組み合わせは最強デス
(満員電車内でないかぎりストレス全く無いのはとても良いです。)

万が一ソフトバンク回線網が切れても楽天モバイルに切りかえれば
実質 1Mbps無制限なわけだから、それなりに自由に使える。
使用し初めて2ヶ月目ですがとても有効。



lastupdate Sun Jan 20 18:58:00 2019
アクセサリや同人誌は別の方です。