■Panasonic Letsnote CF-SX1GEBDR [URL]

「キーボードがまともなノートパソコン」それがPanasonic。
正直な話、他社製薄型NotePCを触っても食指がほとんど伸びない。
ノートパソコンはあくまでサブ機。動画エンコードとかしないので
「安い,画面が良い,字が打ちやすい」のほうがよっぽど重要・・
すこし手をかければ戦力になるのがわかってる機種がが格安で出てたら捕獲するよね

てなわけで SX1GEBDRを5000円で捕獲♪
とはいえ、内蔵ストレイジがHDDでは流石にレスポンスが悪い。
使ってないPCから「SanDiskUltraII 240GB」をぶんどって移植
ついでにメモリも 基盤上の 4GBにプラス 4GBで 合計 8GB化。
(分解すれば16GB化できるけど必要もないのでそこまでやる気はおきないよねー)
発売時期 2012年 2月24日
CPU Intel Core i5 2540Mプロセッサ
 (Sandy Bridge 2コア/4スレ2.6GHz~最大3.30GHz)
GPU Intel HDGraphics3000(CPU内蔵)
Memory 4.0GB/DDR3 PC3-8500
Storage HDD 256GBSerialATA/150接続
液晶 12.1インチ (解像度 WXGA++ /1600x900)
WiFi WiFi 802.11 a/b/g/n
有線LAN  1.0Gbps /100Mbps / 10Mbps
寸法 295mm×197.5mm×31.5mm~25.4mm
重量 約1.3kg

■SSD換装、メモリ増設、ACアダプタの根本にコンセント増設

HDDをSSDに入れ替えるためにはまずはバッテリを外します。
その奥のネジ止めされているカバー金具をスライドして外して、
2.5inch HDDに直接貼付けられているベロ紐を引っ張り出す。
SerialATAの薄いフィルムケーブルをもげないように慎重に
注意しながら抜く。そしてSSDに差し替えてもとに戻す。
*メモリはカバー外して空きスロットに規格もののSO-DIMMを刺すだけ.
ちょうどよくVersion 20H2が公開されたのでInstallUSBを新規作成
他のPCからMicrosoftWindows10 Downloadから実行して作る。
まだまだWindows7からライセンスキー利用してWindows10入れられるのはイイね。
ドライバに関しては【このへん】のを流用する感じで対応できる。

あとは持ち運び用の軽量アダプタにUSB-ACアダプタを
追加できるようにACコードにダイソーの100円コンセントを追加。


lastupdate Fri Jun 4 17:08:00 2021



■タカハシ@ZSWORKS
 埼玉県三郷市に在住のサラリーマンです。デジタルガジェット大好きで色々やっています。
 基本的に掲載内容は賞味期限がきれたら随時消す方向性でやっています
 ・・・このドメインを2005/08/11に取得してからずっとマッタリやっています。